離婚調停を自分で進める方法

相手方が離婚協議に応じようとしない場合、弁護士が代理人につくことで、相手方との協議が進むことは少なくありません。

それでも相手方が頑なに交渉を拒むこともありえます。

この場合は、弁護士は、訴訟になることを見越しつつ、離婚調停を申し立てます。


離婚調停を申し立てたとしても、相手(夫や妻)が裁判所に来なければ調停が進められることはありません。

離婚調停を進めることができないということは、つまり、調停はそのまま不成立になってしまうということです。


今回の記事では、やむを得ない理由で調停を欠席する場合の方法や無断で調停に欠席した場合に受ける可能性のある不利益についてご紹介します。

調停当日に相手の都合が悪かった場合調停は昼間の時間帯に開かれることになるため、相手が仕事などの理由で調停に来られないというのは想定できるところです。


相手方が離婚を拒否しているときには、離婚を拒否する本当の理由が何か、裁判で離婚が認められるかどうかの2つの視点から対策を立てます。

離婚調停の場では、離婚に応じてもらえるよう、伝える事項や時間のかけ方を工夫します。


離婚問題について弁護士へ依頼を考えている人が1番不安なのは、弁護士費用のことではないでしょうか。

離婚問題を夫婦間で解決できない場合、弁護士に相談や依頼することで解決できる可能性は高いでしょう。

この記事では、弁護士の費用の相場や抑えるポイントについて紹介します。


離婚をする場合、弁護士に対応を依頼すると有利に話合いをすすめることができますが、弁護士に依頼すると高額な弁護士費用がかかることが心配だという方です。

良い弁護士を探すためには、費用の相場を押さえた上で、ネットの弁護士事務所のホームページを見てみましょう。


【PR】
1万人以上が利用した無料アドバイスブックもご案内。

調停の流れをつかみ,準備手順,離婚調停の場所,時間,必要な費用を知ることで不安を無くしましょう。

円満 離婚